国際交流基金/YPAM共催 2024年度舞台芸術専門家派遣事業(シンガポール)のお知らせ

2024年度舞台芸術専門家派遣事業
(シンガポール)

独立行政法人国際交流基金(JF)と横浜国際舞台芸術ミーティング(YPAM)は、両者の共催により、将来的にASEAN地域など海外で活躍すること/ASEAN地域のアーティストとコラボレーションすることなどを目指す、日本を拠点に活動する若手アーティストを対象にした、シンガポールへのアーティスト派遣プログラムを2024年9月末から10月初頭にかけて実施します。

主旨

JFは世界の全地域で総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関であり、日本ASEAN友好協力50周年(2023年)を契機に、日本とASEANの次世代の交流促進と人材育成を目的とする包括的な人的交流事業「次世代共創パートナーシップ-文化のWA2.0-」を、今後10年間にわたり集中的に実施していく予定です。

国際交流基金 – 次世代共創パートナーシップ -文化のWA2.0- (jpf.go.jp)

YPAM(旧TPAM)は30年近い歴史を持つ、舞台芸術の専門家のためのアジア最大級の国際的なプラットフォームです。今年度は11月29日(金)〜12月15日(日)にかけて開催され、YPAMが主催する公演プログラム「YPAMディレクション」のほか、舞台芸術のプロフェッショナルのための交流イベント「YPAMエクスチェンジ」など、会期中に様々な企画を予定しています。プロデューサーやアーティストを始めとした国内外の様々なバックグラウンドを持つ舞台芸術関係者が相互に刺激しあい、情報とインスピレーションを交換できる場として国際的に認知されています。

このたびJFとYPAMは、共催事業としてYPAMと長年交流を深めているシンガポールのDaniel Kok(Dance Nucleus アーティスティック・ディレクター)やFaith Tan(Esplanade – Theatres on the Bay ダンス・演劇部門ディレクター)と協働し、日本を拠点に活動する若手アーティストがシンガポールにおける様々なアーティスト支援プログラムやネットワーキングイベントに参加することで、自身の活動を考え、今後の創作活動や国際交流を促進する機会を提供するためのプログラムを実施します。

本事業への参加者には、将来的な海外アーティストらとの国際共同制作や交流プラットフォームへの参加等が期待され、中長期的にJFやYPAMとのコラボレーションの機会が提供される可能性もあります。特に、これまで海外アーティストとの交流機会の少なかった若手中堅のアーティストからの積極的な応募をお待ちしています。

事業内容

対象者:日本を拠点に活動するアーティストで、以下のいずれにも該当する方

  • 年齢が2024年10月1日時点で49歳以下
  • 舞台芸術分野で概ね5年以上の作品発表歴のあるアーティスト
  • 海外アーティストとのコラボレーションや共同制作への関心・意欲がある
  • 自身の作品の幅を広げるために、海外アーティストとの交流機会を望んでいる(国際共同制作の経験有無は問いません)
  • 予定された現地での参加必須プログラム(10/2~10/7)に全て参加できる
  • YPAM2024で行われる報告会(12/4〜6もしくは12/12~14のいずれか1日を予定)に登壇できる(YPAM参加登録費、交通費、遠方から参加の場合は宿泊費を支給します)

支給内容

  • 航空券(エコノミークラス、現物提供)
  • 現地宿泊費(10/2〜10/7の5泊分を現物支給)
  • 日本国内移動費(自宅最寄り駅から空港までの公共交通機関利用料金)
  • 日当 5,000円/日(消費税・源泉徴収税込)
  • 海外旅行保険
  • 現地でのプログラム参加に必要な移動費

※現地でのプログラムコーディネート(現地におけるミーティングや観劇等プログラムへの参加機会含む)は主催者が提供します。
※渡航費については、参加者と調整の上、主催者が航空券の手配をいたします。
※宿泊費については、主催者が定める宿泊施設にご宿泊いただきます。

対象期間と主なプログラム

事業日程

2024年10月2日(水)〜10月7日(月)

  • 10/2 日本発/シンガポール着
  • 10/3〜10/6 Dance NucleusとEsplanade – Theatres on the Bayにおけるミーティングやネットワーキングイベントへ参加、公演観賞、スタジオ訪問 など
  • 10/7  シンガポール発/日本着(現地解散)

※10/3~6の午前/午後に主催者がコーディネートする全プログラムへの参加が必須となります。

訪問先施設

  • Dance Nucleus
    シンガポールのGoodman Arts Centreに拠点を置くコレオグラフィック・センター。ナショナル・アーツカウンシル・シンガポールから活動全体に対して継続的に支援を受け、若手アーティストのための教育プログラムも複数行なっている。
  • Esplanade – Theatres on the Bay
    シンガポールの国立舞台芸術センター。マリーナ・ベイに位置し、合計8つの劇場やスタジオを有している。

参加プログラムの詳細

  1. da:ns LAB 2024 Coaching Projectへ参加したアーティストによるスタジオ・プレゼンテーション見学とネットワーキング。

    da:ns LAB 2024 Coaching Projectとは、Esplanade – Theatres on the BayとDance Nucleusによるコーチングプログラム。アジアにおけるインディペンデントなパフォーマンス創作を支援し、作品として完全に実現できるような言説と交流のプラットフォームを確立することを目的とする。

  2. da:ns focus「Connect Asia Now」の作品観劇。

    da:ns focus「Connect Asia Now」とは、Esplanade – Theatres on the Bayが毎年開催する、ダンスにフォーカスしたフェスティバル「da:ns focus」のなかで、「Connect Asia Now」と題したアジアのアーティストによるコンテンポラリー・ダンス作品を上演するプログラム。

    • 山海塾『TOTEM – Void and Height 』
    • ジョシュア・セラフィン『PEARLS』
    • アイサ・ホクソン & ヴェヌーリ・ペレラ『Magic Maids』

  3. そのほか
    • シンガポールで活動するアーティストのスタジオ訪問
    • 各国プレゼンターとのネットワーキング など

応募期間

2024年6月26日(水)〜7月21日(日)23:59

募集人数

5名程度

応募方法

以下の応募フォームより必要事項を記入の上、ご応募ください。 https://forms.gle/UED777CAVnmVzWJT9

選考について

一次選考 応募フォーム
二次選考 面接

書類選考の結果は、8月6日(月)までにメールにてご連絡いたします。
書類選考を通過された方とは、2週間以内に面接を行います(場所・方法等については別途連絡します)。
最終結果は、8月末までに発表いたします。

お問い合わせ

YPAM事務局 担当:田中・武田
exchange@ypam.jp
045-264-6514(平日11時~18時)