このプログラム情報は2021年のものです。2022年のプログラムは10月上旬に発表予定です。

勝手に(祝)40周年テルプシコール マンスリーソロ横滑ナナ舞踏縦走2021~12月ゲスト南阿豆~

横滑ナナ(ゲスト南阿豆)

YPAMフリンジ日本舞踏

日時(UTC+9)

12.6(月)19:00-20:00

上演時間
60分
言語・字幕
日本語

チケット

プロフェッショナル 2,000円

オーディエンス 2,000円

テルプシコール40周年(祝)記念 【マンスリーソロ横滑ナナ舞踏縦走2021 】企画。12月のゲストは南阿豆(みなみあず)。(実施期間:2021.2月〜2022.1月)【御挨拶・横滑ナナより】テルプシコール創設1981年。私が初めてテルプシコールに立ったのが2000年。以後、2004〜2015に大森政秀門下そしてその後もこの空間と共にたくさんの学びと成長をいただきました21年。創立以来からの諸先輩舞踏家皆様にとっては若輩でおこがましいけれど…勝手に祝40周年。本当は、もう少し時期をまとめての長期イベントとして企画できたらと画策していましたが、このコロナ禍の時期にそれは難しいと思いました。ならば、私がまず動けばよいのだと。年に1回集中して開催するソロ舞踏公演が「登頂」を目指す事ならば、このシリーズは、いわば「縦走登山」。一年間、踏み越えてまいります。12月のゲストは南阿豆さんです。

【ゲスト】南阿豆/2012年武蔵野美術大学卒。ソロ作品『Scar TissueⅠ Scar TissueⅡ』にて2012年舞踊批評家協会新人賞を受賞。2016年、17年フランス、舞踏フェス招聘。2017年フランス、ランコントルコレオグラフィー招聘。2019年、福岡フリンジフェスティバル招聘。
誰でもできる(子供たちなど)舞踏ワークショップやBig famiy Tokyoとしてのコミニティーダンスを行う。2020年、秋田Butoh Village Winter2020(レジデンス)参加。年に1回自主企画にてソロ公演を行っている。

横滑ナナ、(ゲスト南阿豆)
Nana Yokosuberi /photo by Kouichi Tamauchi

横滑ナナ、(ゲスト南阿豆)

【横滑ナナ(よこすべりなな)プロフィール】1967年生まれ。美術活動をへて舞踏の世界へ入り、2004年より舞踏家大森政秀に師事、2006年よりソロ舞踏家としてテルプシコールを中心に活動を展開。2011年には、舞踊批評家協会新人賞を受賞した。他、写真家、映像作家とのコラボレーション、都内小規模スペース(駒込ラグロット、中野サイプレスなど)における実験的なソロ公演、ワークショップを随時開催。

お問い合わせ(メール)
minamiazu.dance@gmail.com