このプログラム情報は2021年のものです。2022年のプログラムは10月上旬に発表予定です。

日時(UTC+9)

12.17(金)17:00
12.18(土)13:00
12.18(土)17:00
12.19(日)13:00

上演時間
60分
アクセシビリティ
車椅子サポート
車椅子での入場・鑑賞
多目的トイレ

チケット

一般前売 ¥3,500
一般当日 ¥4,000
学生前売 ¥2,000
学生当日 ¥2,500

チケットかながわ
https://www.kanagawa-arts.or.jp/tc
0570-015-415(10:00~18:00)
窓口:KAAT神奈川芸術劇場2階(10:00~18:00)

チケットぴあ
http://pia.jp/t/(PC & 携帯)
0570-02-9999(24時間・自動音声応答)
Pコード 509-386

今作は、ジョージ・オーウェル著『動物農場』から着想を得ています。人間に支配・搾取されていた動物が、人間を追払い自分たちで自治を試みます。最初、皆平等でスタートしたものの、いつの間にか不均衡となり支配者が現れ、他の者への支配が始まります。結果、人間対動物と同じ構図が、動物のみの世界でも繰り返されてしまう寓話です。

今回の「TOGE」では出演者を女性とし、「置かれている場所に気付いていない人たち」を描きます。「支配者」は登場せず、原作の動物のように状況に翻弄され右往左往する人々が舞台上にいます。ただ最後まで支配者として他を圧する者は現れず、5人は自分の足で立っています。自ら基準を持ち幸せを定義できれば、権力や構造に人生を左右されない、置かれている場所・状況を凌駕できるのではないか。60分の無言劇です。

演出・出演:小野寺修二
出演:Kajihara Akiko, Lee Ren Xin, Sakiyama Rina, Liu Juichu, Fujita Momoko
照明:山森栄治
音響:池田野歩、山本周平
音楽:大野希士郎、大村知也、丹野武蔵
美術:原田愛、石黒猛
衣装:武徳ドァンフン
舞台監督:岩谷ちなつ
主催:独立行政法人国際交流基金、株式会社デラシネラ
共催:YPAM実行委員会

カンパニーデラシネラ
Photo by Jouji Suzuki

カンパニーデラシネラ

2008年、小野寺修二セルフユニットとして設立。身体性に富んだ演劇作品を創作し、マイムをベースとした独自の演出は、世代を越えた注目を集めている。国内での活動のほか、海外公演など多数。また、小中学校巡回公演や高校の芸術鑑賞会など、次世代へのアプローチにも積極的に取り組んでいる。野外や美術館、アートフェスティバルなど、劇場内にとどまらない場所でのパフォーマンスも多い。


公式サイト
https://derashinera.jp
お問い合わせ(メール)
derashinera@gmail.com